検索

九州大学愛媛同窓会

  • Home
  • 会長あいさつ
会長あいさつ

九州大学愛媛同窓会設立趣意書

愛媛同窓会 会長 蔵原 一郎

九州大学は,慶応3年(1867年)に創立された賛生館を母体とし,明治44年(1911年),将来の日本を担う拠点大学たる帝国大学として設置されました。
昭和24年には,戦後の学制改革により新制九州大学となり,平成16年4月には国立大学法人へと移行し,平成17年からは六本松,箱崎地区から新天地である伊都キャンパスへの統合移転を開始しております。
平成23年(2011年)には,設立100周年を迎え,この間,学部卒業生約13万人,大学院生7万人もの多くの優れた人材を輩出し,我が国の社会と学術の発展に多大なる貢献をしてまいりました。
母校である九州大学は,これまで以上に大学間競争に対応できる自律的・戦略的な教育・研究・運営が求められており,教育・研究の質の向上,産学連携や国際交流の促進,大学の経営改善など様々な改革の取り組みがなされております。
加えて次の100年に向けて九州大学は,新天地である伊都キャンパスを拠点として新しい知の創造,グローバル社会への挑戦,日本の将来を担うリーダーの育成を目標として,名実ともに世界最高水準の教育研究拠点たるべく活動を始めています。
このような母校の発展と併せて,母校の同窓生及び同窓会の活動もさらに充実,発展させていくことが望まれておりますが,愛媛県における母校の同窓会活動は,有志による親睦会的活動にとどまっておりました。
そこで今後,同窓生および同窓会の活動をさらに充実,発展させていくためには,学部間の垣根を越え,横断的な交流活動を活発におこない,また母校との連携を深めていくことが不可欠であると考えられます。

以上のことから,愛媛県に在住する同窓生で組織する学部横断的な交流の場となる「九州大学愛媛同窓会」を設立するものであります。

 

ページの先頭へ戻る